実印の作り方と登録の方法

印鑑登録イメージ

よくわからない実印の作り方と登録

「実印」使っていますか?
普通に生活するだけなら実印を使う場面というのはそうそうありません。
ですので、使う場面というのかかなり限られてきますね。

でも人生の重要な局面でいきなり必要になってくるのが「実印」です。
なので自分らしい実印を作って用意しておくのが大人の嗜みと言えるでしょう。

そもそも実印と印鑑の違いって?

実印と銀行印などの印鑑ってそもそもどう違うんでしょうか?
ぱっと見ただけでは違いなんてあるように思えません。

ネットでも印鑑は売られていますが、材質や形、書体に違いがあるようには見えないんですよね。
「実印用」「銀行印用」とか分類はされているようですが、この違いは何なんでしょうか。

印鑑自体に違いというのはありません。銀行印も実印も同じ印鑑です。
では何が違うのかというと、「実印として登録されているかどうか」の違いになります。

実印にしたい印鑑を最寄りの役所に持っていって登録して初めて「実印」として効力を発揮します。

窓口で印鑑登録申請書を記入して、免許証などの身分証明書を提示して実印の登録をします。
登録が終わると、印鑑登録カードが発行されたり、印鑑証明書を発行してもらえるようになります。

これが実印というものの正体ですね。

実印の作り方

実印は普通の印鑑とだいたい同じなんですが、事前に準備するものなので自分の好きなように作ることができます。
実印に登録できるサイズなどは、各市区町村によって変わりますが、それにさえ沿っていれば自分好みの実印を作成できます。

材質にこだわるもよし、字体に凝るもの良いでしょう。
男性なら姓名どちらも入れて登録すると家族の印鑑と判別しやすくなるので良いですね。

女性の場合は名前だけで登録するというのも多いそうです。
苗字が変わってしまう場合を考えると納得ですね。

じっくり時間をかけて実印を作るなら、豊富な材質や字体を選べるネットでの作成がおススメです。
画像で色や質感を感じることができますし、仕上がり後のイメージをつけやすいのが便利です。

注文も簡単で、材質、サイズ、字体、入れる文字を注文フォームに入力してポチっと送信するだけ。
後は作成されて送られてくるのを待つだけです。

届いた自分だけの印鑑を役所に届ければ「実印」の完成です!

使う場面はそう多くはありませんが、ここぞという時に必要な「実印」
せっかくなので自分が使って楽しくなるようなフルオーダーメイドの逸品を持っておくのも良い事なんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ