車を購入!注文書類と必要な印鑑

車イメージ

一大イベントの車購入で用意しておきたい印鑑

それなりに大きな買い物である車の購入。
頑張って免許証を取るために教習所に通い、試験に合格して免許を貰い、そしてやっと車を購入してドライブ。

車があれば移動の幅も広がりますし、プライベートだけじゃなく仕事の幅も広がるかもしれません。

免許取得の苦労、購入資金を貯める為の苦労。色んな苦労を乗り越えて車の購入があります。
せっかく苦労しましたし、大きな金額の買い物というのは楽しいものなので、購入時のお店とのやり取りも楽しく過ごしたいものです。

普通の買い物に比べ大きな金額が動きますので、書類も様々なものが必要でちょっと面倒かもしれません。
この書類のやり取りも買い物の一環として楽しめたら良いですね。

意外と知らない?車の購入に契約書が無いこと

大きな金銭のやり取りが発生する場合、だいたい契約書とか交わすイメージがありますよね。
でも車の購入の場合、契約書というのは見ない場合が多いんだそうです。

見積もりとかは出してもらえますし、購入を決めたら「注文書」に車種やカラー、グレードなどの情報を書き込んで捺印します。
この注文書が「契約書」に変わる事が車業界では普通なようです。

注文書の段階で軽い気持ちで捺印してしまうと、後から気が変わったとなっても変更は難しいかもしれません。
ですので慎重に捺印して契約を交わしたいですね。

新車の購入時に必要な書類

新車の購入時に必要な書類を見ていきましょう。

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 委任状
  • 車庫証明書
  • 住民票(軽自動車の場合)

軽自動車の場合は、住民票があれば印鑑証明は必要ありません。
普通自動車は資産として見られるので、実印や印鑑証明が必要なようです。

支払い方法が一括かローンかによって印鑑証明の枚数は違ってきますので、契約時に何枚必要か事前にディーラーに聞いておきましょう。
委任状は面倒な登録などをディーラーにしてもらう為のものです。個人でやるには時間も手間もかかりますからね。

中古車の購入時に必要な書類

中古車の場合も新車と同じような書類が必要です。

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 車検証
  • 委任状
  • 車庫証明書

車検証はしっかり確認しておきましょう。
納車後に使用者が自分になっているか見ておきましょう。

全額納めている場合は所有者の欄も自分になっているか見ておいてくださいね。

やはり車購入は大きな金額が動きますので、いろんな書類や印鑑が必要になりますね。

でも楽しい買い物だと思いますので、自分の買いたい今後の生活を楽しくしてくれるものとして買い物から楽しみたいですね。

ページの先頭へ